「音楽」の検索結果

  • 家庭にあっても、朝廷にあっても、文事につけても武事につけても、宮室のことでも、器物を用いるにつけても、行為の規準である礼によって行なえば安んじていられるのである。礼とは内心から発する情を無理に曲げたり、また外面をかざったりするものではない。おのずからちょうどよいところに的当させる必然的な道なのである。それゆえに聖人の教えはただ礼と音楽(それは人の心をやわらげるものだが)とにあるのである。

    山鹿素行

    哲学者

    『日本の名著 12 山鹿素行』「山鹿語類」聖学五(中央公論社、1983年)

  • 人事はもっぱら和だけに基づけば、目途がつかず流れやすい。だから礼に基づいて折目をつけねばならない。礼節がなければ、和もまた十分に行なうことはできない。礼節が過ぎれば、煩わしくてまた乱れる。だから礼と楽(礼儀と音楽)が互いにその根本となる。これは陰陽動静の理である。先王(古の帝王)の政道をはじめ天下の事は大小となく礼と楽に基づかぬことはない。

    熊沢蕃山

    陽明学者

    『日本の名著 11 中江藤樹・熊沢蕃山』「集義和書」巻十三(中央公論社、1983年)

  • いつも素敵な音楽を聴いて、素敵な本を読んで、素敵な人と出会って、常にいいものに触れていると、その人が歩いているだけで自然にものすごいオーラが放たれているものです。

    美輪明宏

    歌手

  • 自分の引き出しをたくさん持つこと。特に、読書や映画、美術、音楽鑑賞を通して感性を磨くことが、「人間力」につながっていきます。

    江原啓之

    霊能者

  • 私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい。

    フィンセント・ファン・ゴッホ

    画家

  • 音楽は新しい創造を醸し出す葡萄酒だ。そして私は人間のためにこの精妙な葡萄酒を搾り出し、人間を精神的に酔わすバッカスだ。

    ベートーヴェン

    音楽家

  • 音楽とは精神と感覚の世界を結ぶ媒介のようなものである。

    ベートーヴェン

    音楽家

  • 音楽があなたの人生の重荷を振り払い、あなたが他の人たちと幸せを分かち合う助けとなるように。

    ベートーヴェン

    音楽家

  • 人の脳は電源のようなもので、消耗したり切れたりすると、落胆したり、気落ちしたり、元気がなくなる。人の脳は再充電が必要だが、そのためには活力ある心(人・音楽・本等)と接触するのがよい

    ナポレオン・ヒル

    作家

  • 音楽は共通言語であり、翻訳の必要がない。魂が魂に話しかけるのだ。

    バッハ

    音楽家

  • 音楽の究極的な目的は神の栄光と魂の浄化に他ならない。

    バッハ

    音楽家

  • 信心深い音楽のあるところ、神はいつも慈悲深くそばにおられる。

    バッハ

    音楽家

  • 心を動かすことができるのは音楽の特別な本文である。

    バッハ

    音楽家

  • 音楽とは、男の心から炎を打ち出すものでなければならない。そして女の目から涙を引き出すものでなければならない。

    ベートーヴェン

    音楽家

  • 音楽のドラマを伝えるためには演奏家は役者であるべきであり、音楽を感じ、顔と身体で感情を表現しなければならない。

    ベートーヴェン

    音楽家

  • 風は見えなくても風車は回っている。音楽は見えなくても心に響いてくる、囁きかける。

    バッハ

    音楽家

  • 私は書かれた通り楽譜を演奏するが神こそがそれを音楽にするのだ。

    バッハ

    音楽家

  • 音楽は精神の中から日常の生活の塵埃を除去する。

    バッハ

    音楽家

  • 音楽の唯一の目的は、神の栄光が現わされ人の魂が再生されることでなければならない。

    バッハ

    音楽家

  • 音楽はあらゆる知恵や哲学よりも高度な啓示である。

    ベートーヴェン

    音楽家

  • 音楽は決して耳ざわりであってはならない。むしろ耳を満足させ楽しみを与える、つまり常に「音楽」でなくてはならない。

    モーツァルト

    音楽家

  • 音楽は自らの人生であり、人生は音楽である。このことを理解できない人は、神に値しない。

    モーツァルト

    音楽家

  • 音楽においてもっとも不可欠でもっとも難しく、主要な事柄はテンポだ。

    モーツァルト

    音楽家

  • 音楽は、世界に魂を与え、精神に翼をあたえる。そして想像力に高揚を授け、あらゆるものに生命をさずける。

    プラトン

    哲学者

  • 音楽が何のために存在するかさえご存知ないらしい。
    勉強や日々の仕事が終わった後、
    疲れた人の心を慰め元気づけるために
    音楽はあるのではないか?

    シェイクスピア

    劇作家

  • 君たち、
    漫画から漫画の勉強するのはやめなさい。
    一流の映画をみろ、
    一流の音楽を聞け、
    一流の芝居を見ろ、
    一流の本を読め。
    そして、
    それから自分の世界を作れ。

    手塚治虫

    漫画家

  • 1ページ目