「自然」の検索結果

  • 孔子は「幼成は天性の如く、習慣は自然の如し」といわれた。これは幼少から習って成就したことは、天性に生まれついたようになるということである。また久しく習慣になって身についたことは、善も悪も、努めないでも自然にできるというようなものである。善悪ともに生まれつきに出たものよりも習いから出ることが多い。だから習慣では善悪をえらび慎まねばならぬ。習慣になったことは、生まれついた自然のようなものである。学問をするのも、善の習慣をつけるのである。人が悪をするのもかならず生まれつきでするばかりではなく、悪人に習ってすることが多い。

    貝原益軒

    儒学者

    『日本の名著 14 貝原益軒』「大和俗訓」為学下(中央公論社、1983年)

  • 大丈夫であってその度量が広く、気節の大きい人はまた、自然にその人柄が暖かくうるおいあるものだ。⋯⋯内に徳を含み、光を包んで、外に角立ったところの現われない⋯⋯。わずかばかりの知恵や、ちょっとした才能しかない者はそのいれものが小さいものだから、自分の力をひけらかして、人に対して自慢し、世に吹聴するものである。

    山鹿素行

    哲学者

    『日本の名著 12 山鹿素行』「山鹿語類」士道(中央公論社、1983年)

  • 仁は天地が物を生育される根本の生(性)理である。人間の場合には心の徳である。無欲無我であって、万物を一体と考える。その立場に立てば、物を憐れみ施し救うことは、無心自然の働きである。わざわざこしらえてする行為ではない。

    熊沢蕃山

    陽明学者

    『日本の名著 11 中江藤樹・熊沢蕃山』「集義外書」巻四(中央公論社、1983年)

  • 人の過ちを諫めるのには、誠が余って、言葉がたらないのがよい。心をうちにふくんで、言葉少なくいい残して、余味が深いのがよい。人の悪いことをいいつくさず、人の耳にさからわず、人に自然にその誤りを悟らせるようにするのがよいとする。人の悪いことをことごとくいいあらわし、はげしく争うと人が怒って受けつけない。これは人を諫める道ではない。温厚で理が明らかなのがかえってよく人を感じさせる。これははげしく責めるのにまさっている。

    貝原益軒

    儒学者

    『日本の名著 14 貝原益軒』「大和俗訓」言語(中央公論社、1983年)

  • 人の情(こころ)がなんらかの形をとってあらわれる場合、その情を動かすのはただ好悪のみである。それゆえ、その好悪によっての情の動きは、自然のままにすれば過不及をまぬかれないが、それを適度にさせる基準が仁義である。

    山鹿素行

    哲学者

    『日本の名著 12 山鹿素行』「山鹿語類」聖学五(中央公論社、1983年)

  • 本来政治は、法度の箇条が少なく、その時代相応の至善にかない、おおらかなことを大本とする。現代のように暗く迷った人心を治めるのを、濁り水を澄ますのにたとえている。何やかやといじるほど、濁りは増すものである。いじらずにそっとしておけば、そのごみは自然に沈んで、上部から澄んでゆくようなものである。

    中江藤樹

    陽明学者

    『日本の名著 11 中江藤樹・熊沢蕃山』「翁問答」上巻末(中央公論社、1983年)

  • 富貴福沢は春夏の道である。貧賤艱難は秋冬の義である。四季は天の禍福であり、禍福は人の陰陽である。家の南側は、夏涼しくて冬温かである。北側は、夏暑くて冬は寒い。人の家の南側は、わが家の北側となる。家を並ベ、生をともにして世に住むものの自然の道理である。富貴福沢と貧賎憂戚が一緒にあるのが世の中である。誰を怨むことも、誰を咎めることもない。

    熊沢蕃山

    陽明学者

    『日本の名著 11 中江藤樹・熊沢蕃山』「集義和書」巻二(中央公論社、1983年)

  • 諸仏と世界とは別々に対立してはいない、人間は自然と対立してはいない、迷は悟りと対立してはいない、善と悪、また、そのどちらでもない、などの差別はないのだ。

    道元

    僧侶

    石井恭二訳注『正法眼蔵(3)』十方(河出書房新社)

  • 富貴や名誉も、徳望によって得たものは、たとえば自然の野山に咲く花のようで、ひとりでに枝葉が伸び広がり十分に茂ってゆくものである。事業の功績によって得たものは、たとえば人工の鉢植えや花壇の花のようで、移しかえたり、捨てたりまた植えたりされるものである。もし権力によって得たものであれば、たとえば花瓶に差した切り花のようで、その根がないのだから、しぼむのはたちどころの間である。

    洪応明

    著作家

    今井宇三郎訳注『菜根譚』前集59(岩波文庫、1975年)

  • 風や月、花や柳のような風物がなくては、自然が成り立たない。同じく欲情や好き好みがなくては、人間の心が成り立たない。ただ、あくまでも我が主となって外物を従として使いこなして、外物に使役されないようにさえすれば、情欲も天の妙なるはたらきであり、欲望のあることもそれでそのまま真理の世界となる。

    洪応明

    著作家

    今井宇三郎訳注『菜根譚』後集116(岩波文庫、1975年)

  • 心はいつも空虚にしておかねばならぬ。空虚であれば、道理が自然にはいってくる。また、心はいつも充実しておかねばならぬ。充実しておれば、物欲がはいる余地はない。

    洪応明

    著作家

    今井宇三郎訳注『菜根譚』前集75(岩波文庫、1975年)

  • よろずの物音がひっそりと静まりかえっているとき、ふと、鳴く小鳥の一声が聞こえると、そとで多くの幽玄な趣を味わうのである。また、よろずの草花が枯れしぼんでしまった後に、ふと、一枝が抜き出て花を咲かせているのを見付けると、そこで限りなき自然の生命力に感動を覚えるのである。してみると、人間の本性というものは、いつも枯れきっているものではなく、生々とした精神を、物に触れて呼び起こすのがよいことがわかる。

    洪応明

    著作家

    今井宇三郎訳注『菜根譚』後集91(岩波文庫、1975年)

  • 白居易は言う。「身心を自由に解き放って、深く自然のしわざのままに任せきるのがよい」と。また、晁補之は言う。「身心をきびしく取り締まって、集中して禅定に入るようにするのがよい」と。前者は解き放つ度を過ごすと気違いじみた行動になり、後者は取り締まる度を過ごすと干からびた行動になる。そこで(主体性を確率して)、身心をよく扱いこなす者だけが、しっかりと要点を押さえて、収めるも放つも自由自在に操ることができる。

    洪応明

    著作家

    今井宇三郎訳注『菜根譚』後集92(岩波文庫、1975年)

  • 礼儀を大切にせよ。民を治めるためには、必ず礼儀を大切にしなければならない。上の身分の者が礼儀を乱せば、下の者の秩序は乱れ、下の者が礼儀を乱せば、罪を犯す者が現れる。礼儀を大切にすることで秩序が保たれ、国は自然に治まっていくでしょう

    聖徳太子

    政治家

  • 和を何よりも大切なものとし、いさかいを起こさぬことを根本としなさい。人は徒党を組みたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親の言うことに従わなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし、上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議するなら、自然とものごとの道理にかない、どんなことも成就するものだ

    聖徳太子

    政治家

  • 政府高官や一般官吏たちは、礼の精神を根本にもちなさい。人民を治める基本は、必ず礼にある。上が礼法にかなっていないときは下の秩序は乱れ、下の者が礼法にかなわなければ、必ず罪を犯す者が出る。群臣たちに礼法が保たれているときは社会の秩序も乱れず、庶民たちに礼があれば国全体として自然に治まるものだ

    聖徳太子

    政治家

  • 自然はわれわれの知性にとっては限りなく驚嘆すべきことを最高度の容易さと単純さとで行なっている。

    ガリレオ・ガリレイ

    物理学者

  • 宇宙は数学という言語で書かれている。そしてその文字は三角形であり、円であり、その他の幾何学図形である。これがなかったら、宇宙の言葉は人間にはひとことも理解できない。これがなかったら、人は暗い迷路をたださまようばかりである。

    ガリレオ・ガリレイ

    物理学者

  • 私はあまりに深く星を愛しているがゆえに、夜を恐れたことはない。

    ガリレオ・ガリレイ

    物理学者

  • 海は人に新しい希望を与え、眠りは家族の夢を与える。

    クリストファー・コロンブス

    探検家

  • 地球は球体であり、西に進めば東端にたどりつく。

    クリストファー・コロンブス

    探検家

  • 太陽、惑星、彗星からなる最も美しい系は、知性と力ある存在の配慮と支配によってのみ発生しえた。

    アイザック・ニュートン

    物理学者

  • 哲学はわれわれの目の前にひろげられているこの巨大な書物、つまり宇宙に書かれている。

    ガリレオ・ガリレイ

    物理学者

  • その空気は4月のセビリアのように柔らかく吸い込むととてもあまい香りがした。

    クリストファー・コロンブス

    探検家

  • 私は海辺で遊んでいる少年のようである。ときおり、普通のものよりもなめらかな小石やかわいい貝殻を見つけて夢中になっている。真理の大海は、すべてが未発見のまま、目の前に広がっているというのに。

    アイザック・ニュートン

    物理学者

  • 木々の緑や紅葉や美しい花が地球から消え去ったら、人間の暮らしは殺風景になり、感動することがなくなってしまうでしょう。

    瀬戸内寂聴

    僧侶

  • 有利な個々の変異を保存し、不利な変異を絶滅すること – これが自然淘汰である。

    チャールズ・ダーウィン

    生物学者

  • 我々は、衛星、惑星、恒星、宇宙が、それどころか宇宙全体のシステムが、一定の法則によって支配されている事を認める事ができるのに、それが最も小さな昆虫の事になると、特別な行いによって一度に創造されたと思いたがる。

    チャールズ・ダーウィン

    生物学者

  • 慈悲と、人を愛する優しさを心のなかにもっていれば、何かが自然にあなたの内面にあるとびらを開いてくれるのです。それを通じてあなたたちは他の人々とずっとたやすく心を通わせることができるようになるのです。温かな気持ちは開かれた心を生み出します

    ダライ・ラマ14世

    仏教徒

  • この理論が受け入れられるのには種の進化と同じだけの時間がかかりそうだ。

    チャールズ・ダーウィン

    生物学者

  • 花は優しい。見る人を慰めて何も見返りを求めない。

    美輪明宏

    歌手

  • いつも素敵な音楽を聴いて、素敵な本を読んで、素敵な人と出会って、常にいいものに触れていると、その人が歩いているだけで自然にものすごいオーラが放たれているものです。

    美輪明宏

    歌手

  • 自然な欲求を追求し満たすことは決してエゴイズムではない。むしろ、低次の欲求が満たされると高次の欲求が出てきてそれは自己実現さらには自己超越にまで到る人間成長につながっていく。

    アブラハム・マズロー

    心理学者

  • 虫だって光の好きなのと嫌いなのと二通りあるんだ!人間だって同じだよ、皆が皆明るいなんて不自然さ!

    フィンセント・ファン・ゴッホ

    画家

  • 漁師は海の危険性、嵐の恐ろしさを知り尽くしている。しかし彼らはこれらの危険性が陸にとどまる理由になる、とは考えない。

    フィンセント・ファン・ゴッホ

    画家

  • 夜の方が昼よりもにぎやかで、色彩豊かだとよく思う。

    フィンセント・ファン・ゴッホ

    画家

  • 自然が本当に好きならあらゆるところで美を見いだせるだろう。

    フィンセント・ファン・ゴッホ

    画家

  • 他人に同調し仲良くやっていくのは簡単ですが、他人の行動に関係なく、「誠実さ」という最高の規準を守り行動できるなら、あなたは自然に一流の人間に成長していきます

    ナポレオン・ヒル

    作家

  • 鳥のように自由に空を空を飛びたいなんていうのは勝手だけど鳥が飛ぶためには何万回翼を動かしているかよく見てごらん。

    北野武

    お笑い芸人

  • 風は見えなくても風車は回っている。音楽は見えなくても心に響いてくる、囁きかける。

    バッハ

    音楽家

  • はした金など求めず、星を求める生活をしなさい。

    ベートーヴェン

    音楽家

  • 自然は自己の法則を破らない。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    芸術家

  • 誰も他人のやり方を真似すべきではない。なぜなら、真似をすれば自然の子供ではなく、自然の孫でしかない。我々には自然の形態がたくさん与えられているのだから、直接自然に触れることだ大事だ。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    芸術家

  • 鉄は使わなければ錆びる。水は澱んでいれば濁り、寒空には凍ってしまう。ましてや怠惰でいれば気力さえも失われる。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    芸術家

  • 水は万物の原動力である。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    芸術家

  • 悪い時が過ぎれば、よい時は必ず来る。おしなべて、事を為す人は、必ず時の来るのを待つ。あせらずあわてず、静かに時の来るを待つ。時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。だが何もせずに待つ事は僥倖を待つに等しい。静かに春を待つ桜は、一瞬の休みもなく力を蓄えている。たくわえられた力がなければ、時が来ても事は成就しないであろう。

    松下幸之助

    起業家

  • 対立大いに結構。正反対大いに結構。これも一つの自然の理ではないか。対立あればこその深みである。妙味である。だから、排することに心を労するよりも、これをいかに受け入れ、これといかに調和するかに、心を労したい。

    松下幸之助

    起業家

  • 仕事が伸びるか伸びないかは、世の中が決めてくれる。世の中の求めのままに、自然に自分の仕事を伸ばしてゆけばよい。

    松下幸之助

    起業家

  • 川の中ではあなたが触る水が一番最後に過ぎ去ったものであり、また、一番最初に来るものである。現在という時も同じである。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    芸術家

  • 理解するための最良の手段は、自然の無限の作品をたっぷり鑑賞することだ。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    芸術家

  • 1ページ目

    次へ