「社会」の検索結果

  • 過去の廊下には薄暗い中にさまざまの正義が陳列してある。青竜刀に似ているのは儒教の教える正義であろう。騎士の槍に似ているのは基督教の教える正義であろう。ここに太い棍棒がある。これは社会主義者の正義であろう。彼処に房のついた長剣がある。あれは国家主義者の正義であろう。わたしはそういう武器を見ながら、幾多の戦いを想像し、おのずから心悸の高まることがある、しかしまだ幸か不幸か、わたし自身その武器の一つを執りたいと思った記憶はない。

    芥川龍之介

    小説家

    『侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な』侏儒の言葉・武器(岩波書店)

  • 最も賢い処世術は社会的因襲を軽蔑しながら、しかも社会的因襲と矛盾せぬ生活をすることである。

    芥川龍之介

    小説家

    『侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な』侏儒の言葉・処世術(岩波書店)

  • 政府高官や一般官吏たちは、礼の精神を根本にもちなさい。人民を治める基本は、必ず礼にある。上が礼法にかなっていないときは下の秩序は乱れ、下の者が礼法にかなわなければ、必ず罪を犯す者が出る。群臣たちに礼法が保たれているときは社会の秩序も乱れず、庶民たちに礼があれば国全体として自然に治まるものだ

    聖徳太子

    政治家

  • 人間社会は、本音を隠してお互いに騙し合っているから、何とかこれほど持っているようなものだ。

    ラ・ロシュフコー

    貴族

    住友進訳『〈新訳〉ラ・ロシュフコー 賢者の言葉』87(日本能率協会マネジメントセンター)

  • 成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標を、黄金律に従って一つひとつ実現していく過程である

    ナポレオン・ヒル

    作家

  • 今の社会は、人生とは何かとか、人間の生きる意味は何かみたいなことを言い過ぎる。若い人には、それが強迫観念になっている。何かとそういうことを言う大人が悪いのだ。自分たちだって、生きることと死ぬことの意味なんか絶対にわかってないくせに

    北野武

    お笑い芸人

  • 私は富を社会に還元せねばならぬと、10年ほど前に気がついた。想像できないほどの額の財産は、子供たちに継がせないほうがいい。彼らにとって建設的ではないからだ。

    ビル・ゲイツ

    起業家

  • 情報って誰が出してるんだってことですよ。広告をはじめ、いろんなところが、次はここに行かないといけないだとか、流れを作っていくわけですよ。それにみんな家畜のように、檻から檻へと動かされている

    北野武

    お笑い芸人

  • お金がないことを、そのまま「下流社会」といってしまう下品さに、なぜ世の中の人は気づかないのだろう。「武士は食わねど高楊枝」という気概はどこへ消えたのか。うちは貧乏だったけれど、母親は商店街で投げ売りをしているような店には、絶対に並ばなかった。どんなに遠い店でも、1円のお客を大切に扱う店に通っていた

    北野武

    お笑い芸人

  • 社会生活は日々これ戦い、日々これ苦難。その時に心が動揺するかしないかは、信念の有無で決まる。

    松下幸之助

    起業家

  • 十のサービスを受けたら十一を返す。その余分の一のプラスがなければ、社会は繁栄していかない。

    松下幸之助

    起業家

  • 「自分の行う販売がなければ、社会は運転しない」という自信をもつことであり「それだけの大きな責任を感ぜよ」ということがしっかりとした商売ができるかどうかの基本になりますな。

    松下幸之助

    起業家

  • 企業は存在することが社会にとって有益なのかどうかを世間大衆から問われていますが、それに答えるものが経営理念です。つまり、経営者は他から問われると問われざるとにかかわらず、この会社は何のために存在しているのかそしてこの会社をどういう方向に進め、どのような姿にしていくのかという企業のあり方について、みずからに問い、みずから答えるものを持たなくてはならない。言い換えれば、確固たる経営理念を持たなくてはならないということです。

    松下幸之助

    起業家

  • 商売で上がった利益は法律上は個人のものであるけれど、しかし実質的には社会の共有財産である。したがってその一部は自分の良識で使うことが許されるけれども、大部分は社会から預かった金である。財産があることは、それでさらに事業をしなければならん。

    松下幸之助

    起業家

  • 礼儀作法は人間関係を滑らかにする。社会生活の潤滑油である。

    松下幸之助

    起業家

  • 商売や生産はその商店や製作所を繁栄させることにあらず、その働き、活動によって社会を冨ましめるところにその目的がある。

    松下幸之助

    起業家

  • 万人の福利を願うことが自らの福利につながる。自分や自分の所属する子会社のみの福利を願う人は利己的であって、そうすることは、けっしてその人のためにはならない。

    マハトマ・ガンジー

    弁護士

  • ある社会の文明の発達の度合いは、刑務所に入ってみることでわかる。

    ドストエフスキー

    作家

  • 少なくとも資本コスト以上の利益をあげられない事業はこれ以上ないくらいに非論理的である、なぜなら、それは社会の資源を無駄遣いする行為だから

    ピーター・ドラッカー

    経営学者

  • マーケティングの目的とは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすること

    ピーター・ドラッカー

    経営学者

  • 成功した企業は、きまって誰かがかつて勇気ある決断をした

    ピーター・ドラッカー

    経営学者

  • ビジネスには二つの機能しかない。マーケティングとイノベーションである

    ピーター・ドラッカー

    経営学者

  • ありのままでいいっていう風潮は良くないと思うのよ。

    マツコ・デラックス

    タレント

  • 誰もが良い夫、良い妻を見つけ社会的にも経済的にも安定しながら生活したいもの。その一方で奔放な生活、特に奔放な性生活も楽しみたいというのは両立しません。それは非常に図々しい話です。

    マツコ・デラックス

    タレント

  • 僕らの社会は、ばかげた目的のためにあきれた人々によって動かされている

    ジョン・レノン

    アーティスト

  • 逸話集や格言集は社会人にとって最大の宝である。もし前者を適当な場所で会話の中に混ぜ、後者を適切な場合に想起するならば。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人は、個人的な狭い関心事を越え、人類全体に関わる広い関心事に向かうようになって初めて本当の人生を歩み始めるのである。

    (原文)An individual has not started living until he can rise above the narrow confines of his individualistic concerns to the broader concerns of all humanity.

    キング牧師

    牧師

  • 今は、男らしさも
    腰をかがめて礼儀正しさに成り下がり、
    勇気も相手を誉める言葉を争うだけ。
    男という男は舌の先だけになってしまった、
    気の利いたことを言う舌に。

    シェイクスピア

    劇作家

  • 西洋の刑法は、
    もっぱら戒めることを目的とし、
    むごい扱いを避け、
    善良に導くことに心を注ぐことが深い。
    だから獄中の罪人であっても、
    緩やかに取り扱い、
    教戒となるような書籍を与え、
    場合によっては
    親族や友人の面会も許すということだ。
    西洋のこのような点は誠に文明だと感じるものだ。

    西郷隆盛

    武士

  • 文明というのは、
    道理にかなったことが広く行われることを
    褒め称えていう言葉であって、
    宮殿が荘厳であるとか、
    衣服がきらびやかだとかといった、
    外観の華やかさをいうものではない。

    もし西洋が本当に文明の国ならば、
    未開の国に対しては、
    慈愛の心をもって接し、
    懇々と説きさとし、
    文明開化に導くはずであろう。

    ところが、そうではなく、
    未開蒙昧の国に対するほど、
    むごく残忍なことをして、
    自分たちの利益のみをはかるのは
    明らかに野蛮である。

    西郷隆盛

    武士

  • この世は危険なところだ。
    悪いことをする人がいるためではなく、
    それを見ながら、何もしない人がいるためだ。

    アインシュタイン

    科学者

  • 1ページ目