「武将」の検索結果

  • 将軍が兵に対して赤子のように接するならば、兵は深い谷底であっても行動を共にする

    (原文)卒を視ること嬰児の如し、ゆえにこれと深谿に赴くべし

    孫子

    武将

  • 天とは、陰陽や気温、時節などの自然現象である

    (原文)天とは、陰陽・寒暑・時制なり

    孫子

    武将

  • 戦争とは騙し合いである

    (原文)兵とは、詭道なり

    孫子

    武将

  • 敵の実情を知り、己の実情を知っていれば、百回戦っても敗れることがない

    (原文)彼れを知りて己を知れば、百戦してあやうからず

    孫子

    武将

  • 水が激しく流れてついに石を押し流すのは、勢いがあるからだ。

    (原文)激水の疾(はや)き、石を漂わすに至る者は、勢なり

    孫子

    武将

  • 死を覚悟して戦うのみでは本当に死んでしまい、臆病になりすぎると捕虜になり、怒りやすいと挑発されて敵に利用され、プライドが高すぎると誇り高さを逆用されて負けてしまい、民を大事にしすぎると、本当に必要な犠牲を払うことができなくなり、結局、なにもかも駄目にしてしまいます。

    (原文)将に五危あり。必死は殺され、必生は虜にされ、忿速は侮られ、廉白は辱められ、愛民は煩さる。

    孫子

    武将

  • 鳥が飛び起つのは伏兵がいるからである。獣が驚き走り出すのは側に兵隊が隠れているからである。砂塵が高く舞い上がり先端が尖っているのは戦車がやってくるからである。

    (原文)鳥の起つ者は伏なり。獣のおどろく者は覆なり。塵高くして鋭き者は車の来たるなり

    孫子

    武将

  • 主君は、怒りから師団(軍隊)を編成するべきではなく、将軍は、憤りから戦争を始めるべきではない

    (原文)主は怒りを以て師を興こすべからず。将は慍(いきどお)りを以て戦いを致すべからず

    孫子

    武将

  • 知恵のあるものは、物事を利益と損失の両面から考える。

    (原文)智者の慮は必ず利害に雑(まじ)う

    孫子

    武将

  • 百回戦って百回勝ったとしてもそれは最善の策とはいえない。戦わないで敵を屈服させることこそが最善の策なのだ。

    (原文)百戦百勝は善の善なるものに非(あら)ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり

    孫子

    武将

  • 戦わずに相手を打ち負かすことは最善の方法である。

    (原文)戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり

    孫子

    武将

  • 戦上手と呼ばれた人は、勝ちやすい状況で勝つべくして勝った人たちである

    (原文)善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり

    孫子

    武将

  • 相手を傷めつけず、無傷のまま味方に引き入れて、天下に覇をとなえる

    (原文)必ず全きを以って天下に争う

    孫子

    武将

  • 最高の戦い方は、事前に敵の意図を見破ってこれを封じることである

    (原文)上兵は謀を伐つ

    孫子

    武将

  • 劣勢の兵力なら退却し、勝算がなければ戦わない。

    (原文)少なければ、則ちよくこれを逃れ、若からざれば、則ちよくこれを避く

    孫子

    武将

  • まず敵が大切にしているものを奪取すれば、敵はこちらの思いどおりにできる

    (原文)先ずその愛する所を奪わば、即ち聴かん

    孫子

    武将

  • 戦上手は自分が主導権を取り、相手のペースで動かされない

    (原文)善く戦うものは人を致して人に致されず

    孫子

    武将

  • 勝利の条件が多い方は実戦でも勝利するし、勝利の条件が少ない方は、実戦でも敗北する

    (原文)算多きは勝ち、算少なきは勝たず

    孫子

    武将

  • 戦いとは、正攻法を用いて敵と対峙し、奇策を巡らせて勝つものである

    (原文)戦いは、正を以って合し、奇を以って勝つ

    孫子

    武将

  • 包囲した敵軍には逃げ道を開けておき、窮地に追い込まれた敵軍を攻撃し続けてはならない

    (原文)囲師には必ず闕く

    孫子

    武将

  • 戦は国家の大事にして、死生の地。国家存亡の道である。不用意に戦いをすべきではない

    (原文)兵とは国家の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり

    孫子

    武将

  • 戦争は勝つことが大事で、長期戦、泥沼化は避けねばならない

    (原文)兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず

    孫子

    武将

  • 勝つ条件が整わない場合は守りを固めるべきである。勝つ条件が整っている場合は攻撃すべきである。

    (原文)勝つべからざる者は守なり。勝つべき者は攻なり。

    孫子

    武将

  • 利益になるなら動くべきであり、利益にならないならば動くべきでない

    (原文)利に合えば動き、利に合わざれば止まる

    孫子

    武将

  • 敵対する人と同じ船に乗り合わせていてもトラブルが起きたなら力を合わせて回避するほかない。

    (原文)夫れ呉人と越人との相悪むや、其の舟を同じくして済りて風に偶うに当たりては、其の相い救うや左右の手の如し

    孫子

    武将

  • 地位やお金を与えることを惜しみ、敵の実情を知ろうとしないものは問題外である。

    (原文)百金を愛(おし)んで敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり

    孫子

    武将

  • 戦争においては、敵国を保全した状態で傷つけずに攻略するのが上策であり、敵国を撃ち破って勝つのは次善の策である。

    (原文)凡そ用兵の法は、国を全うするを上となし、国を破るはこれに次ぐ

    孫子

    武将

  • 最低限の茂木的を達成する短期決戦が有効なことはあっても、多くの目的を叶えようとする長期戦が有効だったことはない。

    (原文)兵は拙速なるを聞くも、未だ巧久しきを睹ざるなり

    孫子

    武将

  • 次善の策は、敵の同盟関係を分断して孤立させることである

    (原文)その次は交わりを伐つ

    孫子

    武将

  • 敵と味方の戦力の差が、五百対一もあれば、必ず勝つ。逆であれば、必ず負ける

    (原文)勝兵は鎰を以って銖を称るがごとく、敗兵は銖を以って鎰を称るがごとし

    孫子

    武将

  • 敵が備えをする「実」の部分を避けて、備えが手薄な「虚」の部分を攻撃する

    (原文)実を避けて虚を撃つ

    孫子

    武将

  • 1ページ目