「正義」の検索結果

  • 日本は新聞紙の伝える通り、――いや、日本は二千年来、常に「正義の味方」である。正義はまだ日本の利害と一度も矛盾はしなかったらしい。

    芥川龍之介

    小説家

    『侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な』侏儒の言葉・武器(岩波書店)

  • 正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。正義も理窟をつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである。古来「正義の敵」という名は砲弾のように投げかわされた。

    芥川龍之介

    小説家

    『侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な』侏儒の言葉・武器(岩波書店)

  • 武器それ自身は恐れるに足りない。恐れるのは武人の技倆である。正義それ自身も恐れるに足りない。恐れるのは煽動家の雄弁である。

    芥川龍之介

    小説家

    『侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な』侏儒の言葉・武器(岩波書店)

  • 過去の廊下には薄暗い中にさまざまの正義が陳列してある。青竜刀に似ているのは儒教の教える正義であろう。騎士の槍に似ているのは基督教の教える正義であろう。ここに太い棍棒がある。これは社会主義者の正義であろう。彼処に房のついた長剣がある。あれは国家主義者の正義であろう。わたしはそういう武器を見ながら、幾多の戦いを想像し、おのずから心悸の高まることがある、しかしまだ幸か不幸か、わたし自身その武器の一つを執りたいと思った記憶はない。

    芥川龍之介

    小説家

    『侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な』侏儒の言葉・武器(岩波書店)

  • 悪をこらしめて善をすすめるのは、古くからの良いしきたりである。そこで人の善行は隠すことなく広め、悪行を見たら必ず正しなさい。へつらいあざむく者は、国家を覆す効果ある武器であり、人民を滅ぼす鋭い剣である。また媚びへつらう者は、上役の者に好んで下の者の過失を言いつけ、下役の者と会うと上の者の過失を誹謗するものだ。これらの人たちは君主に忠義心がなく、人民に対する仁徳も持っていない。これは国家の大きな乱れのもととなる

    聖徳太子

    政治家

  • 正義の愛とは、大部分の人においては、不正な目にあうことをおそれる心である。

    ラ・ロシュフコー

    貴族

    関根秀雄訳『格言集』78(白水社)

  • 成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標を、黄金律に従って一つひとつ実現していく過程である

    ナポレオン・ヒル

    作家

  • 悪を罰しない者は、悪をなせと命じているのだ。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    芸術家

  • 悪に報いるには正義をもってし、善に報いるには善をもってせよ。

    孔子

    哲学者

  • あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい

    イエス・キリスト

    救世主

  • 私は、どこまでも楽観主義者である。正義が栄えるという証拠を示しうるというのではなく、究極において正義が栄えるに違いないという断固たる信念を抱いているからである。

    マハトマ・ガンジー

    弁護士

  • 勇敢な人は、一人闘うことを誇りとする。

    マハトマ・ガンジー

    弁護士

  • 指導者とは、自己を売って、正義を買った人間だ

    ソクラテス

    哲学者

  • 幸福になろうとするならば、節制と正義とが自己に備わるように行動しなければならない

    ソクラテス

    哲学者

  • 私は正義のために戦っている人すべてに共感を覚える

    ヘレンケラー

    教育者

  • 正義とは、強者の利益にほかならず。

    プラトン

    哲学者

  • 正義とは、己にふさわしきものを所有し、己にふさわしきように行為することなり。

    プラトン

    哲学者

  • 偉大な人物たらんとする者は、自分自身や自分に属するものをではなく、正しいことをこそ愛すべきなのだ。

    プラトン

    哲学者

  • 思慮を持ち正義をかざしてその生涯を送らなければ、何者も決して幸福にはなれないだろう。

    プラトン

    哲学者

  • 真の平和とは、単に緊張がないだけではなく、そこに正義が存在することである。

    (原文)True peace is not merely the absence of tension: it is the presence of justice.

    キング牧師

    牧師

  • 私には夢がある。それは、いつの日か、不正と抑圧の炎熱で焼けつかんばかりのミシシッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに変身するという夢である。

    (原文)I have a dream that one day even the state of Mississippi, a state sweltering with the heat of injustice, sweltering with the heat of oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.

    キング牧師

    牧師

    1963年8月28日 演説「私には夢がある」

  • 人間、不人気では何も出来ませんな。
    いかに正義を行なおうと、ことごとく悪意にとられ、ついにはみずから事を捨てざるをえなくなります。

    坂本龍馬

    武士

    竜馬がゆく

  • 子どもに殺しを教えることだけはごめんだ。
    世界中の子どもが正義だといって
    殺しを教えられたら、
    いつか世界中の人間は全滅するだろうな

    手塚治虫

    漫画家

  • 親父がつけた名前は正義。
    一生、この名前と付き合ってきていると
    やっぱり、自分の人生のテーマとして
    曲がったことはできません。

    孫正義

    起業家

  • 苦しいときこそ
    船と仲間を命がけで
    守れる人でなければ
    大将になってはいかんのです。

    孫正義

    起業家

  • 最初にあったのは
    夢と根拠のない自信だけ。

    孫正義

    起業家

  • 七割の勝算があれば私は戦います。

    孫正義

    起業家

  • 若いうちは多少やんちゃなぐらいで
    ちょうどいいんですよ。
    少々とがってるぐらいな方が
    見てて面白いでしょ?
    どうせ年をとってきたら徐々にまるくなるんだから。

    孫正義

    起業家

  • すってんころりんと転ぶかもしれない。
    しかし目指したものが そこにあれば
    死ぬ5分前に
    ああ、楽しい人生だったな
    はるかに有意義な人生だったと思える気がする。

    孫正義

    起業家

  • どの分野で事業をするかで将来の半分は決まります。

    孫正義

    起業家

  • 失敗を恐れずに
    様々な手段を
    次々に試していれば
    必ずどこかで当ります。

    孫正義

    起業家

  • やみくもに攻める前に
    全体をとらえるべきです。

    孫正義

    起業家

  • 自分自身を説得できるかどうかが成功の第一条件。

    孫正義

    起業家

  • うまくいかなくてもやったことは全部
    将来の自分のプラスになります。

    孫正義

    起業家

  • 守りに入り年間二割や三割ずつ
    売り上げを伸ばしてみてもしょうがない。
    どうせ一回しかない人生
    悔いを残さないように自分の思うとおりにやろう。

    孫正義

    起業家

  • 近くを見るから船酔いするんです。
    100キロ先を見てれば景色は絶対にぶれない。
    ビジョンがあれば、少々の嵐にもへこたれません。
    苦しいときこそ船と仲間を命がけで守れる人でなければ
    大将になってはいかんのです。
    試練なんて黙っていてもやってくるものなんです。

    孫正義

    起業家

  • 脳みそが千切れるほど考え全力投球したときには
    不可能なことは非常に少ない。
    他の人間にできることならば同じ人間である僕にできないはずはない。
    僕はそう思うんです。

    孫正義

    起業家

  • 己の限界を叩き壊して励む事。
    これを挑戦という。

    孫正義

    起業家

  • 私がこき下ろされるのは構わない。
    笑われてもいい。
    ただ、日本の将来が笑われない様にしなければ。

    孫正義

    起業家

  • 責任転嫁をしてはならない。
    全ての責任は己の中にある。
    その様に覚悟を決めるだけで物事は前進する。

    孫正義

    起業家

  • 人間は究極のところ
    自己満足のために生きている。

    孫正義

    起業家

  • 自分がこの世に生まれてきて何か志したものがあったなら
    それをトコトンつきつめていって
    完全燃焼できるような人生をおくりたい。

    孫正義

    起業家

  • 国民の上に立つ者は、
    いつも心を慎み、
    普段の行いを正しくし、
    驕りや贅沢を戒め、
    つつましくすることに努め、
    仕事に励んで人々の手本となり、
    国民がその仕事ぶりや生活を
    気の毒に思うくらいでなければ、
    政府の命令は行われにくい。

    しかし今、
    維新創業の大事なときだというのに、
    家を贅沢にし、
    衣服をきらびやかにし、
    美しい妾を囲い、
    金を蓄えることを考えているならば、
    維新の理想を達成することはできないであろう。

    今となっては、戊辰の正義の戦いも、
    ただ私利私欲を満たすための戦いとなり、
    世の中の人々に対し、
    また戦死者に対して
    面目ないことであると言って、
    西郷先生は涙を流された。

    西郷隆盛

    武士

  • 漢学を勉強した者は、
    ますます漢書から道を学ぶのがよい。
    人が踏み行うべき道は、
    この天地のおのずからなる道理であるから、
    東洋・西洋の区別はないのである。

    もしも現在の万国対峙の形勢について
    知りたいと思うならば、
    漢書の「春秋左氏伝」を熟読し、
    さらに「孫子」で補えばよい。
    当時の形勢も今の情勢とほとんど大差ないだろう。

    西郷隆盛

    武士

  • 最も重要なのは
    1番目が志と理念
    2番目がビジョン
    3番目が戦略です。

    孫正義

    起業家

  • 私はどういう角度で見ても
    実態として道の真ん中を
    正々堂々と歩いて来た。
    これからも王道を歩みたい。
    決して変化球などを使うつもりはない。

    孫正義

    起業家

  • 究極の自己満足は人に喜んでもらえることです。

    孫正義

    起業家

  • 怒るのは自分の知恵の足りなさを
    認めるようなものです。

    孫正義

    起業家

  • まずはじめに
    どこで世界一になるのかの方向性を
    定めなければいけません。

    孫正義

    起業家

  • 事業の成功は
    精一杯チャレンジを続けていれば
    後は確率論の問題です。

    孫正義

    起業家

  • 1ページ目

    次へ