「戦略」の検索結果

  • 十分に終わりのことを考えよ。まず最初に終わりを考慮せよ。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    芸術家

  • 最高の戦い方は、事前に敵の意図を見破ってこれを封じることである

    (原文)上兵は謀を伐つ

    孫子

    武将

  • 劣勢の兵力なら退却し、勝算がなければ戦わない。

    (原文)少なければ、則ちよくこれを逃れ、若からざれば、則ちよくこれを避く

    孫子

    武将

  • 戦上手は自分が主導権を取り、相手のペースで動かされない

    (原文)善く戦うものは人を致して人に致されず

    孫子

    武将

  • 利益になるなら動くべきであり、利益にならないならば動くべきでない

    (原文)利に合えば動き、利に合わざれば止まる

    孫子

    武将

  • 次善の策は、敵の同盟関係を分断して孤立させることである

    (原文)その次は交わりを伐つ

    孫子

    武将

  • 敵と味方の戦力の差が、五百対一もあれば、必ず勝つ。逆であれば、必ず負ける

    (原文)勝兵は鎰を以って銖を称るがごとく、敗兵は銖を以って鎰を称るがごとし

    孫子

    武将

  • 敵が備えをする「実」の部分を避けて、備えが手薄な「虚」の部分を攻撃する

    (原文)実を避けて虚を撃つ

    孫子

    武将

  • まず計画はよく行き届いた
    適切なものであることが第一。
    これが確認できたら断固として実行する。
    ちょっとした嫌気のために、
    実行の決意を投げ棄ててはならない。

    シェイクスピア

    劇作家

  • 奇策とは百に一つも用うべきではない。
    九十九まで正攻法で押し、あとの一つで奇策を用いれば、みごとに効く。
    奇策とはそういう種類のものである。

    坂本龍馬

    武士

    竜馬がゆく

  • おれは落胆するよりも、次の策を考えるほうの人間だ。

    坂本龍馬

    武士

    竜馬がゆく

  • 最悪の策とは、ほとんど常に、もっとも臆病な策である。

    ナポレオン

    軍人

  • 戦闘の翌日に備えて新鮮な部隊を取っておく将軍はほとんど常に敗れる。

    ナポレオン

    軍人

  • 兵法に複雑な策略などはいらない。
    最も単純なものが最良なのだ。
    偉大な将軍達が間違いを犯してしまうのは、難しい戦略を立て、賢く振る舞おうとするからだ。

    ナポレオン

    軍人

  • 敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。

    ナポレオン

    軍人

  • 敵意のある四つの新聞は、千の銃剣よりも恐ろしい。

    ナポレオン

    軍人

  • もし、木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう。

    リンカーン

    政治家

  • 武力はすべてを征服する。
    しかし、その勝利は長続きしない。

    リンカーン

    政治家

  • 戦術とは、一点に全ての力をふるうことである。

    ナポレオン

    軍人

  • 指揮の統一は戦争において最も重要なものである。
    二つの軍隊は決して同じ舞台の上におかれてはならない。

    ナポレオン

    軍人

  • 私はつねに、ニ年先のことを考えて生きている。

    ナポレオン

    軍人

  • 私の歩みは遅いが、歩んだ道を引き返すことはない。

    リンカーン

    政治家

  • 策略は日常的にすることではない。
    はかりごとをめぐらしてやったことは、
    あとから見ると善くないことがはっきりしていて、
    必ず後悔するものである。

    ただ戦争において策略は必要なことであるが、
    日常的にはかりごとをやっていると、
    いざ戦いということになったとき、
    同じことはできないだろう。
    蜀漢の丞相であった諸葛孔明は、
    日頃策略を用いなかったから、
    戦いのときに
    思いもよらないはかりごとを行うことができたのだ。

    私はかつて東京を引き揚げたとき、
    弟(従道)に対して、
    私はこれまで少しもはかりごとをやったことがないから、
    跡は少しも濁ることはないだろう。
    それだけはよく見ておくようにと言いおいたことがある。

    西郷隆盛

    武士

  • 賢人がすべての役人を統轄し、
    政権が一つの方針に進み、
    国の体制が一つにまとまらなければ、
    たとえ有能な人物を登用し、
    自由に進言できるようにして、
    多くの人の考えを取り入れるにしても、
    どれを取捨するのか一定の方針がなくては、
    行うことは雑でまとまりがなく、
    とても成功どころではない。

    昨日出された政府の命令が、
    今日には変更になるというようなことも、
    統轄するところが一つでなく、
    政治の方針が決まっていないからである。

    西郷隆盛

    武士

  • 人材を採用するとき、
    君子(徳行の備わった人)と小人(徳のない人)との
    区別を厳格にし過ぎると、
    かえって害を引き起こすものである。
    というのは、
    世の中で十人のうち七、八人までは小人であるから、
    よくこのような小人の長所をとり入れ、
    これを下役に用い、
    その力を発揮させるのがよい。

    西郷隆盛

    武士

  • 最も重要なのは
    1番目が志と理念
    2番目がビジョン
    3番目が戦略です。

    孫正義

    起業家

  • 1ページ目