「孔子」の検索結果

  • 孔子は「幼成は天性の如く、習慣は自然の如し」といわれた。これは幼少から習って成就したことは、天性に生まれついたようになるということである。また久しく習慣になって身についたことは、善も悪も、努めないでも自然にできるというようなものである。善悪ともに生まれつきに出たものよりも習いから出ることが多い。だから習慣では善悪をえらび慎まねばならぬ。習慣になったことは、生まれついた自然のようなものである。学問をするのも、善の習慣をつけるのである。人が悪をするのもかならず生まれつきでするばかりではなく、悪人に習ってすることが多い。

    貝原益軒

    儒学者

    『日本の名著 14 貝原益軒』「大和俗訓」為学下(中央公論社、1983年)

  • その人を知らざれば、その友を見よ。

    孔子

    哲学者

  • 過ちて改めざる。これを過ちという。

    孔子

    哲学者

  • 良心に照らして少しもやましいところがなければ、何を悩むことがあろうか。何を恐れるがあろうか。

    孔子

    哲学者

  • 義を見てせざるは勇無きなり。

    孔子

    哲学者

  • 十人が十人とも悪く言う奴、これは善人であろうはずがない。だからといって十人が十人ともよくいう奴、これも善人とは違う。真の善人とは、十人のうち五人がけなし、五人がほめる人物である。

    孔子

    哲学者

  • 己達せんと欲して人を達せしむ。

    孔子

    哲学者

  • 好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ。

    孔子

    哲学者

  • 何事も楽しんでやりなさい。楽しんでやることで、思わぬ力が発揮されるものなのだ。

    孔子

    哲学者

  • 成功者は必ず、その人なりの哲学をもっているものだ。その哲学がしっかりしているからこそ、成功者の人生は揺るがないのだ。

    孔子

    哲学者

  • 君子の九思(心掛けるべき九つのこと)
    1.物を見るときは、はっきり見る
    2.聞くときは、誤りなくしっかりと聞く
    3.表情はおだやかに
    4.態度は上品に
    5.言葉は誠実に
    6.仕事には慎重に
    7.疑問があれば、質問する
    8.みさかいなく怒らない
    9.道義に反して利益を追わない

    孔子

    哲学者

  • 徳は弧ならず、必ず隣あり

    孔子

    哲学者

  • 良薬は苦くして病に利あり、忠言は耳に逆らいて行いに利あり

    孔子

    哲学者

  • 悪に報いるには正義をもってし、善に報いるには善をもってせよ。

    孔子

    哲学者

  • 君子は平安でのびのびしているが、小人はいつでもくよくよしている。

    孔子

    哲学者

  • 三人行けば必ず我が師あり。その善なるものをえらび、之に従い、その不全なるものはこれを改む。

    孔子

    哲学者

  • 徳ある人を見たら、その人に並ぶことをめざせ。得なき人を見たら、我が身を振り返り、自省せよ。

    孔子

    哲学者

  • 最も賢い者と最も愚かなものだけが、決して変わることがない。

    孔子

    哲学者

  • 止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。

    孔子

    哲学者

  • 学べばすなわち固ならず。

    孔子

    哲学者

  • 一を以て之を貫く

    孔子

    哲学者

  • 物事を迅速にしたいと、望んではならない。小さな利点に目を止めてはならない。物事を早く行うことばかり望むと、十分になすことができない。小さな利点にとらわれると、大きな仕事が達成できない。

    孔子

    哲学者

  • 知らざるを知らずとなす。これ知るなり

    孔子

    哲学者

  • 自分自身に対する誠実さと他人に対する優しさ、すべてはこの二つの包括される。

    孔子

    哲学者

  • 人の本性はみなほとんど同じである。違いが生じるのはそれぞれの習慣によってである。

    孔子

    哲学者

  • 君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず

    孔子

    哲学者

  • 学びてすなわち思わざれば罔(くら)し、思いて学ばざればすなわち殆(あやう)し

    孔子

    哲学者

  • 過ぎたるはなお及ばざるが如し

    孔子

    哲学者

  • 人間は逆境において人間の真価を試される。人生の達人は逆境を楽しみ、順境もまた楽しむのです。

    孔子

    哲学者

  • 朝(あした)に道を開かば夕べに死すとも可なり

    孔子

    哲学者

  • 高貴な人間は自分自身に、平俗な人間は他人に、要求を課する。

    孔子

    哲学者

  • 二度と帰らぬものは過ぎ去った歳月である。二度と会うことができないのは死んでしまった親である。

    孔子

    哲学者

  • 富貴は浮雲のごとし

    孔子

    哲学者

  • 人が踏み行うべき道を実践するのに、
    身分が尊いか卑しかなどといったことは
    まったく関係がないことだ。

    昔、尭・舜(中国古代の伝説上の帝王)は
    国王として政治の一切を行っていたが、
    二人の本質というのは、
    正しい道を人々に教える教師である。

    孔子は魯の国をはじめどこの国にも用いられず、
    何度も困難な苦しい目に遭い、
    身分の低いままに生涯を終えたが、
    三千人の子弟は、
    みな教えられた道を実践したのである。

    西郷隆盛

    武士

  • 学問を志す者は、
    広く学ぶという心がけが必要である。
    しかし、ただそのことのみに偏ってしまうと、
    身を修めることがおろそかになっていくから、
    常に自分に克ち、
    身を修めることが大事である。

    広く学び、同時に自分に克ち、
    男というものは、
    どんな人でも受け入れるくらいの度量が必要で、
    人から呑まれてはしまってはいけない。
    古語にも次のようにあろう。

    物事を成そうとの意気込みを広く持つ者にとって、
    もっとも憂えるべきことは
    自分のことをのみはかり、
    けちで低俗な生活に安んじ、
    昔の人を手本として、
    自分からそうなろうと修業をしないことだ。

    では、その古人を目標にするというのは
    どういうことですかと教えを請うと、
    徳をもって天下を治めた
    尭・舜(中国古代の伝説上の帝王)を理想とし、
    孔子を教師とすることだと答えられた。

    西郷隆盛

    武士

  • 1ページ目