「嫉妬」の検索結果

  • 恋愛の徴候の一つは彼女は過去に何人の男を愛したか、或はどう言う男を愛したかを考え、その架空の何人かに漠然とした嫉妬を感ずることである。

    芥川龍之介

    小説家

    『侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な』侏儒の言葉・徴候(岩波書店)

  • 嫉妬の気持ちを持ってはならない。自分がまず相手を嫉妬すれば、相手もまた自分を嫉妬する。嫉妬の憂いは果てしない。だから、自分より英知が優れている人がいると喜ばず、才能が勝っていると思えば嫉妬する。それでは500年たっても賢者に会うことはできず、1000年の間に1人の聖人の出現を期待することすら困難である。聖人・賢者と言われる優れた人材がなくては国を治めることはできない

    聖徳太子

    政治家

  • 男女の間では、憎しみは愛の裏返しです。嫉妬もまた愛のバロメーターです。

    瀬戸内寂聴

    僧侶

  • 人から多くの好意を寄せられる人は、その分多くの嫉妬も受ける。美しく生まれた人にはそれがハンデとなる。

    美輪明宏

    歌手

  • 誰かを批判したくなったときはそのことを本人の前でも言えるかどうか内観してみてください。言えないと思うのであればそれは建設的な批判ではなく、単なる嫉妬です。

    江原啓之

    霊能者

  • 嫉妬心は、なんの生産性もない無駄な感情ですその感情を向ける相手に対して負けているということなのです。

    江原啓之

    霊能者

  • ねたみは魂の腐敗である。

    ソクラテス

    哲学者

  • 憎しみは積極的な不満で、嫉妬は消極的な不満である。したがって、嫉妬がすぐに憎しみに変わっても不思議はない。

    ゲーテ

    劇作家

  • 嫉妬深い人間は、自ら真実の徳をめざして努力するよりも、人を中傷するのが、相手を凌駕する道だと考える。

    プラトン

    哲学者

  • 嫉妬に御用心なさいまし。
    嫉妬は緑色の目をした怪物で、
    人の心を餌食にしてもてあそびます。

    シェイクスピア

    劇作家

  • 嫉妬をする人は
    わけがあるから疑うんじゃないんです。
    疑い深いから疑うんです。

    シェイクスピア

    劇作家

  • 1ページ目