「勉強」の検索結果

  • 人間は、元々そんなに賢くありません。勉強して修行して、やっとまともになるのです。

    瀬戸内寂聴

    僧侶

  • 人間は善悪両方を持っています。それを、自分の勉強や修行によって、善悪の判断をし、悪の誘惑に負けずに善行を積んでいくことが人間の道なのです。

    瀬戸内寂聴

    僧侶

  • 技術は単に道具に過ぎない。子供たちをともに勉強させ、動機付けを行うには、先生こそが最も重要なのだ。

    ビル・ゲイツ

    起業家

  • 画家は、労働者が働くように勉強しなければならない。

    パブロ・ピカソ

    画家

  • 満点をとったことは自慢にならないよ。本当に大切なのは知識を丸暗記したり、教えられたとおりのことを答案に書くことではなくて、先を見る洞察力だ。

    ビル・ゲイツ

    起業家

  • 食欲がないのに食べても健康に悪いように、やる気がないのに勉強しても記憶力が損なわれ、記憶したことは保存されない。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    芸術家

  • 学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん

    太宰治

    作家

  • 人に教えることほど、勉強になることはない

    ピーター・ドラッカー

    経営学者

  • 勉強さえしてれば幸せになれるのかしら?将来をちゃんと考えているかが重要よ。

    マツコ・デラックス

    タレント

  • 天才?そんなものは決してない。ただ勉強です。方法です。不断に計画しているということです。

    ロダン

    彫刻家

  • いかに知識を身につけたとしても全知全能になることなどはできないが、勉強しない人々とは天地ほどの開きができる。

    プラトン

    哲学者

  • 無理に強いられた学習というものは、何ひとつ魂のなかに残りはしない。

    プラトン

    哲学者

  • 一生勉強
    一生青春

    相田みつを

    作家

  • 音楽が何のために存在するかさえご存知ないらしい。
    勉強や日々の仕事が終わった後、
    疲れた人の心を慰め元気づけるために
    音楽はあるのではないか?

    シェイクスピア

    劇作家

  • 漢学を勉強した者は、
    ますます漢書から道を学ぶのがよい。
    人が踏み行うべき道は、
    この天地のおのずからなる道理であるから、
    東洋・西洋の区別はないのである。

    もしも現在の万国対峙の形勢について
    知りたいと思うならば、
    漢書の「春秋左氏伝」を熟読し、
    さらに「孫子」で補えばよい。
    当時の形勢も今の情勢とほとんど大差ないだろう。

    西郷隆盛

    武士

  • 君たち、
    漫画から漫画の勉強するのはやめなさい。
    一流の映画をみろ、
    一流の音楽を聞け、
    一流の芝居を見ろ、
    一流の本を読め。
    そして、
    それから自分の世界を作れ。

    手塚治虫

    漫画家

  • 人が踏み行うべき道は、
    この天地のおのずからなる道理であるから、
    学問の道は敬天愛人(天を敬い人を愛する)を目的とし、
    自分の修養には、
    つねに己れに克つことを心がけねばならない。

    己れに克つための極意は、
    論語にある「意なし、必なし、固なし、我なし」
    (主観だけで判断しない。無理押しをしない。固執しない。我を通さない)
    ということだ。

    総じて人は自分に克つことによって成功し、
    自分を愛することによって失敗するものだ。
    歴史上の人物をみるがよい。
    事業を始める人が、
    その事業の七、八割まではうまくやるのであるが、
    残りの二、三割を終りまで成し遂げる人の少ないのは、
    はじめはよく己れを慎んで、
    事を慎重にするから成功もし、
    名も世に知られるようになる。

    しかし、成功して名も知られるようになると、
    いつの間にか自分を愛する心が起こり、
    恐れ慎むという心が緩み、
    驕り高ぶる気持ちが多くなり、
    成功したことを自惚れて、
    何でもできるという過信のもとに、
    出来の悪い仕事をしてついに失敗する。

    これはすべて自ら招いた結果である。
    だから、自分にうち克って、
    人が見ていないときも聞いていないときも、
    慎み戒めることが大切なのだ。

    西郷隆盛

    武士

  • 学問を志す者は、
    広く学ぶという心がけが必要である。
    しかし、ただそのことのみに偏ってしまうと、
    身を修めることがおろそかになっていくから、
    常に自分に克ち、
    身を修めることが大事である。

    広く学び、同時に自分に克ち、
    男というものは、
    どんな人でも受け入れるくらいの度量が必要で、
    人から呑まれてはしまってはいけない。
    古語にも次のようにあろう。

    物事を成そうとの意気込みを広く持つ者にとって、
    もっとも憂えるべきことは
    自分のことをのみはかり、
    けちで低俗な生活に安んじ、
    昔の人を手本として、
    自分からそうなろうと修業をしないことだ。

    では、その古人を目標にするというのは
    どういうことですかと教えを請うと、
    徳をもって天下を治めた
    尭・舜(中国古代の伝説上の帝王)を理想とし、
    孔子を教師とすることだと答えられた。

    西郷隆盛

    武士

  • 6歳の子供に説明できなければ、
    理解したとは言えない。

    アインシュタイン

    科学者

  • 学べば学ぶほど、
    自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。
    自分の無知に気づけば気づくほど、
    より一層学びたくなる。

    アインシュタイン

    科学者

  • 1ページ目