「劇作家」の検索結果

  • 人は喧嘩する時、双方とも悪いと感じている。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人間は常に迷っている。迷っている間は常に何かを求めている。

    ゲーテ

    劇作家

  • とにかく、とりかかれば心が燃え上がるし、続けていれば仕事は完成する。

    ゲーテ

    劇作家

  • あらゆる階級を通じて、目立って気高い人は誰か。どんな長所を持っていても、常に心の平衡を失わない人だ。

    ゲーテ

    劇作家

  • われわれは結局何を目ざすべきか。世の中を知り、それを軽蔑しないことだ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 一つのことが万人にあてはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 真の知識は経験あるのみ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人が旅をするのは、到着するためではありません。それは旅が楽しいからなのです。

    ゲーテ

    劇作家

  • 生まれが同時代、仕事が同業、といった身近な人から学ぶ必要は無い。何世紀も普遍の価値、普遍の名声を保ってきた作品を持つ、過去の偉大な人物にこそ学ぶことだ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 「やる気になった」というだけでは、道半ば。

    ゲーテ

    劇作家

  • 女は決して自分の自然な姿を見せない。なぜならば女は自然から生みつけられたままでもきっと人から好かれるものだ、といういうふうに考えることのできる男ほどのうぬぼれがないからである。

    ゲーテ

    劇作家

  • 女性を力強く守ることのできる者だけが、女性の愛願を得るに値する

    ゲーテ

    劇作家

  • 何をなすべきか、いかになすべきか、をのみ考えていたら、何もしないうちにどれだけ多くの歳月がたってしまうことだろう。

    ゲーテ

    劇作家

  • 若いうちの誤りは、きわめて結構だ。ただ、それを年をとるまで引きずってはならない。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人をほめれば、その人と対等になれる。

    ゲーテ

    劇作家

  • 自分を実際以上に考えることと、真価以下に見積もることは、共に大きな誤りである

    ゲーテ

    劇作家

  • 人間は努力する限り過ちを犯すものだ

    ゲーテ

    劇作家

  • 世界は粥で造られてはいない。君等は怠けてぐずぐずするな。固いものは噛まねばならない。喉がつまるか消化するか、二つに一つだ

    ゲーテ

    劇作家

  • 生きている間は、なにごとも延期するな。なんじの一生は、実行また実行であれ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 戦の前に敵を見くびるのは愚かなことであり、勝利のあとで敵に追い討ちをかけるのは卑怯なことである

    ゲーテ

    劇作家

  • 大切なことは、大志を抱き、それを成し遂げる技能と忍耐を持つということである。その他はいずれも重要ではない。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人間は現在がとても価値のあることを知らない。ただなんとなく未来のよりよい日を願望し、いたずらに過去とつれ立って嬌態を演じている

    ゲーテ

    劇作家

  • 本当の自由な心とは「認める」ということである

    ゲーテ

    劇作家

  • 愚者と賢者はともに害がない。半端な愚者と半端な賢者が、いちばん危険なのである。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人間を堕落に導くもっとも大きな悪魔は、自分自身を嫌う心である。

    ゲーテ

    劇作家

  • 若くして求めれば老いて豊かである。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人生において重要なのは生きることであって、生きた結果ではない。

    ゲーテ

    劇作家

  • みずから勇敢に戦った者にして初めて英雄を心からほめたたえるだろう。暑さ寒さに苦しんだ者でなければ、人間の値打ちなんかわかりようがない。

    ゲーテ

    劇作家

  • 気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、めったに腹を立てぬこと、いつも現在を楽しむこと、とりわけ、人を憎まぬこと、未来を神にまかせること。

    ゲーテ

    劇作家

  • なぜ、このように悪口が絶えないのか。人々は他人のちょっとした功績でも認めると、自分の品位が下がるように思っている。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人はいかに遇されるかによって、それなりの人物になっていく。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人間には多くの宝、多くの楽しみが与えられている。しかし人生最大の幸福、最も豊かな収穫は、なんといっても善良軽快な心だ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 天には星がなければならない。大地には花がなければならない。そして、人間には愛がなければならない。

    ゲーテ

    劇作家

  • 自分自身に命令しない者は、いつになっても下僕にとどまる。

    ゲーテ

    劇作家

  • 人生に成功する秘訣は、自分が好む仕事をすることではなく、自分のやっている仕事を好きになることである

    ゲーテ

    劇作家

  • すべてを自分自身のおかげだと思うとしたら、それ以上進歩はできない

    ゲーテ

    劇作家

  • どんな方法で世界を知ろうと、明と暗の両面があるという事実は変わらない。

    ゲーテ

    劇作家

  • 臆病な考えや、不安なためらいや、女々しい足ぶみや、あわれな訴えは、少しも悲惨を救うことができぬ。決して君を自由にせぬ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 夕方、私は千匹のハエを殺した。それなのに、早朝、私は一匹のハエに起こされた。

    ゲーテ

    劇作家

  • 節度を持った人だけが豊かさを感じる

    ゲーテ

    劇作家

  • 発言し、活動しなければならない。多数派に属するか、少数派に属するかはまったくどうでもいいことだ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 虚栄は軽薄な美人に最もふさわしい

    ゲーテ

    劇作家

  • ひそかに清く自己を保存せよ。自分の周りは荒れるにまかせよ

    ゲーテ

    劇作家

  • 癖というものは抜けないものだ。おまえの特性の方を伸ばせばいいのだ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 一貫したものは環境においてでなく、自分みずからのうちに求めよ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 今の人間は偉大なもののあらさがしをしては喜んでいる。偉大なものを攻撃すれば、その分、自分が偉く思われると信じているのだ。ばかばかしい!偉大なものを尊敬してこそ、その分、自分も高まるのだ

    ゲーテ

    劇作家

  • 人はただ自分の愛する人からだけ学ぶものだ。

    ゲーテ

    劇作家

  • 愛することが苦手な男は、せめてお世辞の言い方くらいは身につけておいた方がいい

    ゲーテ

    劇作家

  • 人は各種各様の旅をして、結局、自分が持っていたものだけを持って帰る

    ゲーテ

    劇作家

  • 不正なことが不正な方法で除かれるよりは、不正が行われているほうがまだいい

    ゲーテ

    劇作家

  • 1ページ目

    次へ