「人間関係」の検索結果

  • およそ士の職というものは、主人を得て奉公の忠をつくし、同僚に交わって信を厚くし、独りをつつしんで義をもっぱらとするにある。そして、どうしても自分の身から離れないものとして、父子・兄弟・夫婦の問の交わりがある。これもまた、すべての人が持たなければならない人間関係であるけれども、農・工・商はその職業にいそがしくて、いつもその道をつくすというわけにいかない。士はこれらの業をさしおいて、もっぱらこの道につとめ、農・工・商の三民が、人のなすべきことをすこしでもみだすならば、それをすみやかに罰し、それによって天の道が正しく行なわれる備えをなすものである。だから士には、文武の徳知がなければならない。

    山鹿素行

    哲学者

    『日本の名著 12 山鹿素行』「山鹿語類」士道(中央公論社、1983年)

  • 和を以て貴しと為す

    聖徳太子

    政治家

  • 佞しく媚ぶる者は、上に対ひては即ち好みて下の渦を説き、下に遭ひては則ち上の失を誹謗る

    聖徳太子

    政治家

  • 和を何よりも大切なものとし、いさかいを起こさぬことを根本としなさい。人は徒党を組みたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親の言うことに従わなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし、上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議するなら、自然とものごとの道理にかない、どんなことも成就するものだ

    聖徳太子

    政治家

  • 心の中の憤りをなくし、憤りを表情にださぬようにし、他の人が自分と異なったことをしても怒ってはならない。人それぞれに考えがあり、それぞれに自分がこれだと思うことがある。相手がこれこそといっても自分はよくないと思うし、自分がこれこそと思っても相手はよくないとする。自分はかならず聖人で、相手がかならず愚かだというわけではない。皆ともに凡人なのだ

    聖徳太子

    政治家

  • これがよい、これが悪いと、だれが定めることができるだろう。お互いに誰も賢くもあり愚かでもある。それは耳輪には端がないようなものだ。こういうわけで、相手がいきどおっていたら、むしろ自分に間違いがあるのではないかと恐れなさい。自分ではこれだと思っても、みんなの意見に従って行動しなさい

    聖徳太子

    政治家

  • 怒りを抑え、表に出してはならない。人が自分と違ったことをしても怒らないように。考え方は人それぞれである。自分が良いと思うことも相手にとって嫌なこともあるだろうし、その逆もある。自分が必ずしも聖人であるわけではありません

    聖徳太子

    政治家

  • 嫉妬の気持ちを持ってはならない。自分がまず相手を嫉妬すれば、相手もまた自分を嫉妬する。嫉妬の憂いは果てしない。だから、自分より英知が優れている人がいると喜ばず、才能が勝っていると思えば嫉妬する。それでは500年たっても賢者に会うことはできず、1000年の間に1人の聖人の出現を期待することすら困難である。聖人・賢者と言われる優れた人材がなくては国を治めることはできない

    聖徳太子

    政治家

  • 勢力や権力を目的とした交際は、長続きさせることが困難である。

    諸葛亮孔明

    軍師

  • 立派な人間の友情は、温かいからといって花を増やすこともなければ、寒いからといって葉を落とすこともない。どんな時でも衰えず、順境と逆境を経験して、友情はいよいよ堅固なものになっていく。

    諸葛亮孔明

    軍師

  • たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめるほうが安全である。賞讃は非難ほど反発されないし、少なくとも嫌がられないからだ。

    アイザック・ニュートン

    物理学者

  • 自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。

    アイザック・ニュートン

    物理学者

  • 金は宝である、金を持つものはこの世界で望むことすべて可能にし、魂を楽園へ導く。

    クリストファー・コロンブス

    探検家

  • インディアンが何を言っているか日々理解できるようになっていったのでお互いの理解が進んでいった。

    クリストファー・コロンブス

    探検家

  • 理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう。

    瀬戸内寂聴

    僧侶

  • 人の話を聞く耳を持つことは大事です。もし身の上相談を受けたら、一生懸命聞いてあげればいいのです。答えはいりません。ただ聞いてあげればいいのです。

    瀬戸内寂聴

    僧侶

  • 心の風通しを良くしておきましょう。誰にも悩みを聞いてもらえずうつむいていると病気になります。信頼できる人に相談して、心をすっとさせましょう。

    瀬戸内寂聴

    僧侶

  • 人とつきあうのに秘訣があるとすれば、それはまずこちらが相手を好きになってしまうことではないでしょうか。

    瀬戸内寂聴

    僧侶

  • 悪口を言われたら柳に風と受け流す。自分が清らかで優しければ「念返し」で悪い念は相手に戻る。

    美輪明宏

    歌手

  • 職場でも家庭でも、付き合いは気品を持って、良い人間同士でいること。君子の交わりは淡き水の如し。

    美輪明宏

    歌手

  • 人間関係で一番大事なのは、腹八分ではなくて腹六分。夫婦、恋人、親子、仕事関係、すべて腹六分でお付き合いを。親しき仲にも礼儀あり。

    美輪明宏

    歌手

  • 最高の人間関係とはお互いを愛する気持ちのほうが、お互いを必要とする気持ちよりも勝るものであるものだということを忘れないように

    ダライ・ラマ14世

    仏教徒

  • 財産と権力があれば、友人を多く持てるように思うかもしれません。ところが、彼らはあなたの友ではなく、あなたの財産と権力の見方なのです。富と影響力を失えば、そそくさと姿を消してしまうでしょう

    ダライ・ラマ14世

    仏教徒

  • あなたに意地悪してくる人がいても相手にしすぎないでください。その人は、幸せではないのです心が寂しいのです。

    江原啓之

    霊能者

  • どんなに親しい間柄でも甘えすぎてはいけないし甘やかしすぎてもいけないのです

    江原啓之

    霊能者

  • おいしくて体に悪いものを食べて病気になるか、まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。食べ物も人間関係も同じ。

    美輪明宏

    歌手

  • 人の悪口を言えば自分も不愉快になる。嫌な人はどこにでもいます。見ざる 聞かざる 言わざるが楽。

    美輪明宏

    歌手

  • 似たもの同士がいがみ合うのは、自分の欠点を相手に見つけるから。親子でも、感謝の気持ちを忘れず、自然体で付き合えば楽になる。

    美輪明宏

    歌手

  • 哲学にはいろいろありますが、基本的に重要なのは、思いやり、他人への愛、他人の苦しみの気遣い、そして身勝手さの排除でなのです。思いやりの気持ちは、この世でもっとも重要なものであり、人間のみが持つことができるものです。優しい心や温かい心を備えていれば、幸せで、満ち足りた状態になれる。そして、友人たちも友好的で平和な雰囲気を味わえることでしょう。これは国籍・文化・宗教に関係なく言えることです。

    ダライ・ラマ14世

    仏教徒

  • どんな人間関係のトラブルも解決するにあたって最初に捨てなければならないのは「自分が否定されている」という被害妄想です。

    江原啓之

    霊能者

  • 魚が水なしでは生きられないように人は人の支えなしには生きられません。「自分以外の人はみな神である」と考え尊ぶことが大切です。

    江原啓之

    霊能者

  • 重要な頼み事などは本来メールのみですませるものではありません大事な人や重要な物事との間では「直接コミュニケーションをとること」が鉄則。

    江原啓之

    霊能者

  • 他人や世間がどう思うかは、二の次、三の次。そんなふうに考えるくらいでちょうどいいのです。

    江原啓之

    霊能者

  • 本当の親友とは、あなたの都合のいいときに、あなたのお守りをしてくれる人ではありません。しばらく会わなくても、再会したときには昨日の続きのように話ができる相手です。そして、本音を語り合え、言いにくいこともズバリと言ってくれる人です。

    江原啓之

    霊能者

  • どうしてこんなひどい人と出会ったんだろう?と釈然としない出来事があるかもしれません。まず、あなた自身の波長が低くなっていないかをよく分析してください。

    江原啓之

    霊能者

  • 人と人との関係はいつどんなふうに変化するかわかりません。どんな人との出会いも大切に悪口を言うなどもってのほかです。

    江原啓之

    霊能者

  • 長続きする人間関係の極意は「腹六分」なれ合いになっていくとお互いにぶつかることのほうが多くなりやすいのです。

    江原啓之

    霊能者

  • すべての出会いに、感謝しましょう。偶然のように思える出会いも、実はすべて必然なのです。そして、あなたを喜ばせたり楽しませたりする人だけではなく、悲しみやせつなさを味わわせてくれる人というのも、大事な人。一期一会の出会いに感謝しましょう。

    江原啓之

    霊能者

  • 偶然に出会う人はほとんどいない。どの出会いも何らかの経験の機会である。

    エドガー・ケイシー

    霊能者

  • 隣人に関して偽証してはならない。

    モーセ

    聖職者

  • 芸人だったら相手のレベルにチューニングを合わせてやって、喋れるようじゃなきゃしょーがねーよ

    北野武

    お笑い芸人

  • 変な言い方だけど、自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が、人間としては幸せだと思う

    北野武

    お笑い芸人

  • 男の嘘は、いってみれば「女の人の化粧」と同じだから。女の人は化粧して嘘ついてるわけだからさ。それに男の人は女の人と付き合う時は、言葉やなんかで化粧してるわけだから。

    北野武

    お笑い芸人

  • 陽気な心は薬のように人のためになる。

    ソロモン

  • 他人に同調し仲良くやっていくのは簡単ですが、他人の行動に関係なく、「誠実さ」という最高の規準を守り行動できるなら、あなたは自然に一流の人間に成長していきます

    ナポレオン・ヒル

    作家

  • 他人への気遣いで大切なのは、話を聞いてやること

    北野武

    お笑い芸人

  • こんな俺でも相方がいたからずっと芸能界やってこれた。これが別の相方だったら俺はすぐに終わっていたと思う

    北野武

    お笑い芸人

  • 対立大いに結構。正反対大いに結構。これも一つの自然の理ではないか。対立あればこその深みである。妙味である。だから、排することに心を労するよりも、これをいかに受け入れ、これといかに調和するかに、心を労したい。

    松下幸之助

    起業家

  • 人を使うには、ほめて使う、叱って使う、批判して使うなどいろいろあるが、ほめて使う人が概して成功している。

    松下幸之助

    起業家

  • 礼儀作法は人間関係を滑らかにする。社会生活の潤滑油である。

    松下幸之助

    起業家

  • 1ページ目

    次へ