「プラトン」の検索結果

  • プラトンは私の友、アリストテレスは私の友。しかし、最大の友は真理である。

    アイザック・ニュートン

    物理学者

  • 老齢は明らかに迅速なり。われらに必要以上に迅速に切迫す。

    プラトン

    哲学者

  • 人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値せず。

    プラトン

    哲学者

  • あなたの悲哀がいかに大きくても、世間の同情を乞おうとしてはならない。なぜなら、同情の中には軽蔑の念が含まれているからだ。

    プラトン

    哲学者

  • 親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、厳しい闘いをしているのだから。

    プラトン

    哲学者

  • いかに知識を身につけたとしても全知全能になることなどはできないが、勉強しない人々とは天地ほどの開きができる。

    プラトン

    哲学者

  • 恋されて恋するのは恋愛ではなく友愛である。

    プラトン

    哲学者

  • 正義とは、強者の利益にほかならず。

    プラトン

    哲学者

  • 魂には眼がある。それによってのみ真理を見ることができる。

    プラトン

    哲学者

  • 無理に強いられた学習というものは、何ひとつ魂のなかに残りはしない。

    プラトン

    哲学者

  • 賢者は、話すべきことがあるから口を開く。愚者は、話さずにはいられないから口を開く。

    プラトン

    哲学者

  • 真理は、子供の口から出る。

    プラトン

    哲学者

  • 正義とは、己にふさわしきものを所有し、己にふさわしきように行為することなり。

    プラトン

    哲学者

  • はじまりは労働の最も重要な部分である。

    プラトン

    哲学者

  • 何年もたち、時が流れ、君の意見の多くがその逆になることもあるのだよ。

    プラトン

    哲学者

  • リズムとハーモニーは、魂のもっとも深いところに至る道を持っている。

    プラトン

    哲学者

  • 音楽は、世界に魂を与え、精神に翼をあたえる。そして想像力に高揚を授け、あらゆるものに生命をさずける。

    プラトン

    哲学者

  • 徹底的にどうしようもなく道を踏みはずした悪人に対しては、怒りをあらわにすべきである。

    プラトン

    哲学者

  • 哲学は、最高の文芸なり。

    プラトン

    哲学者

  • 時は、未来永劫の幻影なり。

    プラトン

    哲学者

  • 破廉恥に対する羞恥心も、美を求める努力も、ともに欠けているようでは、国家にしろ個人にしろ、偉大な美しい行為を果たすことはできない。

    プラトン

    哲学者

  • 哲学者の全生涯は、まさに死に至ることと、その死を成就すること他ならず。

    プラトン

    哲学者

  • 自分を幸せにする要因を他人に求めず、自分だけに基づく者は幸せに過ごす最善の方策を持つ。この者は節度を知り人間性に富み、賢い

    プラトン

    哲学者

  • 自分の人生の主人公になりなさい。あなたは人生で、自分の望むどんなことでも出来るのです

    プラトン

    哲学者

  • 良い召使になれない奴は良い主人にもなれない

    プラトン

    哲学者

  • 賢者は、話すべきことがあるから口を開く。愚者は、話さずにはいられないから口を開く

    プラトン

    哲学者

  • 偉大な人物たらんとする者は、自分自身や自分に属するものをではなく、正しいことをこそ愛すべきなのだ。

    プラトン

    哲学者

  • 自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。

    プラトン

    哲学者

  • 嫉妬深い人間は、自ら真実の徳をめざして努力するよりも、人を中傷するのが、相手を凌駕する道だと考える。

    プラトン

    哲学者

  • 愛に触れると誰でも詩人になる。

    プラトン

    哲学者

  • 目は心の窓である。

    プラトン

    哲学者

  • 人間の最も基本的な分類として、「知を愛する人」「勝利を愛する人」「利得を愛する人」という三つの種類がある。

    プラトン

    哲学者

  • 哲学というものは、たしかに結構なものだよ。ひとが若い年頃に、ほどよくそれに触れておくぶんにはね。
    しかし、必要以上にそれにかかずらっていると、人間を破滅させてしまうことになるのだ。

    プラトン

    哲学者

  • 驚きは、知ることの始まりである。

    プラトン

    哲学者

  • 我々は、自らが熟考しているものになる。

    プラトン

    哲学者

  • 二度子供になるは老人のみならず、酔っぱらいもしかり。

    プラトン

    哲学者

  • だれに対しても、不正を不正でもって、悪を悪でもって、埋め合わせしてはいけない。
    よしんば、その相手にどれほど苦しめられていようとである。

    プラトン

    哲学者

  • 少年を暴力と厳しさによって教え込もうとするな。彼の興味を利用して指導せよ。そうすれば自分の能力がどこに向いているか、少年自身で見出しやすくなる。

    プラトン

    哲学者

  • 恋という狂気こそは、まさにこよなき幸いのために神々から授けられる。

    プラトン

    哲学者

  • 徳は一種の健康であり、美であり、魂のよいあり方なり。それに反し、悪徳は病気であり、醜であり、弱さなり。

    プラトン

    哲学者

  • 思慮を持ち正義をかざしてその生涯を送らなければ、何者も決して幸福にはなれないだろう。

    プラトン

    哲学者

  • 子供と動物はずいぶんよく似ています。どちらも自然に近いのです。でも子供が狡猾な猿よりも良く理解する事が一つあります。それは偉人の立派な行為のことです。

    プラトン

    哲学者

  • ただ死者のみが戦争の終わりを見たのである。

    プラトン

    哲学者

  • 科学は、知覚以外の何物でもなし。

    プラトン

    哲学者

  • 1ページ目